rogo furidaiyaru(33)

HOME会社概要お問い合わせ
sinsyusyokuyouzyou.
natumebatake


なつめの栽培
 

なつめの花言葉は「健康の果実」。

約30年前より信州立科の自社農場、契約農園にて農薬を使わずになつめの栽培をしています。立科町の年間日照時間の長さは日本でも有数で、標高600mの澄んだ空気と、太陽と大地の恵みをいっぱいに吸収して育ったなつめは私たちにその自然の力を分けてくれます。なつめは古くから漢方や薬膳料理によく用いられ、ミネラル分、ビタミンB群、サポニン等々栄養豊富で食物繊維も豊富であると言われています。近年ではなつめ特有のフルクトピラノサイドという糖にはアレルギー症状を抑制する働きがあると言われています。その他にもなつめは私たちの体にとって有益な様々な機能を持っているといわれています。弊社では大事に育ててきた立科産なつめをつかった、からだに優しい商品の開発に取り組んでいます。



こだわりの旬感ジャム
 


弊社が製造している旬感ジャムには長野県産の旬の果実を使っています。
果実それぞれが一番おいしく実る旬の時期を待ち、収穫された果実を一つ一つ手作業で選別し、手作りでジャムにしています。その果実の最もおいしい旬の味をお客様にお届けし、開封と同時に五感で旬を感じていただけるよう真心込めて製造しています。手作りならではのおいしさです。また、果実そのもののおいしさを感じていただくために余計なものは使わず、糖度も低くしています。ジャムは糖度を低くすると保存期間が短くなってしまいますが、低糖だからこそ素材の味を楽しむことができます。保存料や着色料などは一切使わない無添加製造にこだわり、原材料は国産、特に長野県産のものを使用することにこだわっています。

moasyunnkann1